エステサロンの間取りはどうする?開業やリフォームのポイントは?

 

他の職種と比べると、開業に必要な設備や店舗の広さが控えめなエステサロン。

最近では店舗物件を借りずに、資金のかからないレンタルサロンや

自宅で開業するサロンも増え、開業のハードルは下がりつつあります。

しかし、開業しやすくなったことで、店舗の立地や間取りを深く考えずに開業し、

経営に失敗してしまうサロンも増えてきました。

 

今回の記事では、エステサロンに必要な間取りと、

開業のポイントについてご紹介していきます。

 

理想的な間取りと広さは?

まず、理想的な間取りと必要な広さについてご紹介していきます。

 

6畳程度の広さで十分

個人でサロンを始める場合は、

6畳ほどの広さがあればいいとされています。

 

ラグジュアリーな雰囲気を出すために

10畳以上の広さの場所で開業するケースもありますが、

一般的な家具とエステ機材を置く程度なら、6畳程度でも十分です。

 

施術室には何をどう配置する?

エステサロンを開業する際、施術スペースに何をどう置くべきか、

悩む人もいるかもしれません。

基本的には、以下のような物品を置きます。

 

・ベッド
・ワゴン
・収納棚
・テーブル
・一人掛けの椅子
・施術のための機械

 

上記の物品を配置しても、ベッド周りの動線が確保できれば問題ありません。
配置を工夫し、施術しやすいインテリアコーディネートを意識しましょう。

もちろん行う施術によって、扱う機械は変わってきます。

提供したい施術にどんな機械が必要か、機械はどの程度の大きさがあるのかなど

事前にしっかりと確認しておいてください。

 

理想的な間取りは?

施術用に6畳程度の部屋を確保すればいいので、

パーティションで仕切りを入れれば、ワンルームでも開業は可能です。

その点は自宅で開業した場合でも、賃貸で開業した場合でも変わりはありません。

ただし、気をつけたいポイントが一つあります。

 

それは生活感を消すことです。

 

とくに自宅で開業する場合、“生活感を出さないこと”が大切になってきます。

施術を受けるお客様にとって、エステサロンは“特別な空間”

キッチンやリビングなど、生活感を感じさせるものが見えてしまうと、

せっかくの気分が台無しです。

自宅開業の場合は玄関から最も近い部屋で施術を行う、

賃貸の場合はキッチンのような生活感が出る場所を見せずに施術部屋へ行けるようにする、

パーティションで区切るなどの工夫をしてくださいね。

 

自宅or賃貸で開業する際のポイント

自宅での開業も賃貸物件での開業も、それぞれにメリットとデメリットがあります。

どちらの開業方法を選ぶにしても、

メリット・デメリットをきちんと把握して選択していきましょう。

 

ここからは自宅・賃貸それぞれの開業時に

注意したいポイントについてご紹介していきます。

 

自宅の場合はプライバシーに気を使う

自宅でサロンを開業する場合、自分や家族の生活空間に他人が入ってくることになります。

そのため、お客様には必要以上に家の中を見せないようにし、

家族とお客様それぞれのプライバシーを確保する工夫が必要です。

 

賃貸の場合は内装以外の要素も大切

賃貸物件でエステサロンを開業する場合は室内以外にも気を配る必要があります。

特に市街地で開業を考えている場合は、

最寄駅から開業予定のマンションまで実際に歩いてみることが大切。

安易に「駅から徒歩5分で着いたから、アクセスが良くて便利!」と考えてはいけません。

 

・夜道は暗くないか
・広い道を中心に移動できるか
・人通りはどの程度あるか

 

など、実際に施術帰りの時間帯に歩いて確認してみましょう。

街灯が少なく、暗い道だったり、人通りが少なかったりすると、

怖くてあまり通いたくないと感じる女性が多くなってしまいます。

 

リフォームにかかる費用は?

デザインのこだわりに応じて費用は大きく変わりますが、

単純に内装を整える程度なら、30万円程度でリフォームが可能とされています。

例えばキッチンを隠したい時、壁や家具を増やすと費用が高くつきますが、

パーティションやカーテンなどで隠せば、かなり費用は抑えられます。

どこまで内装にこだわるかによって費用は大きく異なるので、

きちんと優先順位をつけ、必要なところにコストをかけるようにしましょう。

 

広さよりも与える印象を大切にしよう!

ここまでご紹介してきたように、

エステサロンの開業に、大きな面積の部屋は必要ありません。

 

部屋の広さよりも、

施術室全体の雰囲気がお客様に与える印象の方が大切なポイント。
自分がお客様になったつもりでシミュレーションを行い、

このサロンにきたらお客様はどんな印象やイメージを持つだろうか?と、

じっくり考えて間取りや内装などを決めていってくださいね。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone