エステサロンで働くために国家資格は必要?開業する場合は?

エステサロンで働くために国家資格は必要?開業する場合は?

 

エステサロンや美容室などに勤務し、

肌のトリートメントやマッサージ、脱毛などの施術を行う「エステティシャン」。

 

マッサージや指圧を行う「あん摩マッサージ指圧師」や「柔道整復師」になるには国家資格が必要ですが、エステティシャンとして働く場合はどのような資格が必要になるのでしょうか。今回の記事では、エステサロンで働くために必要な資格の有無や、取得方法などについてご紹介していきます。

 

エステティシャンに資格は必須?

現在、エステティシャンになるために必須の国家資格はありません。

ですが、持っていると有利な資格はいくつか存在します。

まずは資格を取得するメリットについて見ていきましょう。

 

顧客からの信頼を高められる

資格の有無は、そのままエステティシャンとしての信頼感につながります。

一部の資格を取得すると就職や転職がしやすく、

独立開業する場合もお客様に信頼されやすくなります。

 

キャリアや技術力をアップできる

エステティシャンとしての資格は、確かな技術や知識がなくては取得できません。
自分の技術やキャリアをアップさせたいときにも、資格取得は効果的です。

 

給与の増額が見込める

専門性の高い技術を学んで資格取得すると、給与アップが見込めます。
認知度の高い資格を所有していると、初任給から優遇される可能もあるでしょう。

 

取得していると有利な資格

ここまで資格取得のメリットについてご紹介しました。

では、具体的に取得しておくと就職や開業時に便利な資格には、

どのようなものがあるのでしょうか。

 

「認定エステティシャン」

「日本エステティック協会」が認定する資格です。
エステティックセンター試験を受けることで資格を申請でき、資格としての知名度も高いため、ひとまず取得しておいて損はないでしょう。

参考:『一般社団法人日本エステティック協会』

 

「ビューティー・セラピー・ディプロマ」

ベルギーのエステティック教育機関である「CIDESCO(シデスコ)」。
その日本支部であるCIDESCO-NIPPONが認定する資格が

「ビューティー・セラピー・ディプロマ」です。

 

CIDESCOは世界でも認められた団体であり、

資格取得の難易度も高めになっています。
しかしその分、資格を取得できれば、エステティックの知識・技術が

世界レベルであることの証明になるでしょう。

参考:『一般社団法人CIDESCO-NIPPON』

 

資格を取得する方法

エステティシャンになる際に取得していると有利な資格についてご紹介しました。
ここでは資格の取得方法と試験概要について解説していきます。

 

「数年間の実務経験」か「認定校の授業履修」が必要

エステティシャンとしての資格を取得するには、多くの場合、試験の合格以外に

「数年間の実務経験」か「認定校での授業履修」が必要です。
必要な年数、授業時間数は資格によって異なるため、

各資格の公式サイトを確認しておきましょう。

 

「エステティシャンセンター試験」の受験で3つの資格が申請可能

「エステティシャンセンター試験」とは、

「日本エステティック試験センター(JEEC)」が運営する認定試験のこと。

 

「各協会への入会」「1年以上の実務経験」「各協会認定校での300時間以上の修了」などの条件を満たした上でこの試験を受けることにより、

 

  • 日本エステティック協会
  • 日本エステティック業協会(AEA)
  • ICAM日本支部

上記3つの「認定エステティシャン」資格が申請可能です。
また、「日本スパ・ウエルネス協会」や「CIDESCO-NIPPON」などで資格を取得する際には、センター試験に合格していることが受験資格に含まれます。

 

「エステティシャンセンター試験」概要
試験の流れ:筆記試験→実技試験(認定校で実技試験に合格した場合は筆記試験のみ)

実技試験:フェイシャルとボディの手技の審査
筆記試験:マークシート式/出題100問
試験会場:一般財団法人日本エステティック試験センター
受験料:10,368円(筆記試験)/13,392円(実技試験)
※2018年4月26日現在

参考:『日本エステティック試験センター(JEEC)』

 

独立・開業には資格が必要?

経営者としてエステサロンを開業する場合でも、必須の資格はとくにありません。

つまり規定上は特別な資格や経験がなくても、

自分のサロンを自由に開業できるということです。

 

ただし開業後の経営がうまくいかず、すぐに閉店してしまうサロンが多いのも事実。
簡単に開業できるからといって、知識や経験がないまま店舗をオープンしても、うまくいかない可能性が高いでしょう。

 

本格的にサロンの開業を目指すなら、民間資格を取得する、美容学校や美容関連の専門学校を卒業するなど、技術と知識を磨いてからが良いといえます。

 

まとめ

エステティシャンとして働いたり、エステサロンの開業をしたりする際に

必須の資格はありません。

ですが、お客様の信頼を得て施術に満足いただくには、

確かな技術と知識が必要不可欠です。

 

エステティシャン未経験でも働ける職場や、アルバイトとして雇ってくれる職場もあるため、実務経験を積みながら資格取得のための勉強をするのも一つの方法です。

 

今回ご紹介した内容を参考に、

エステティシャンへの就職や開業を考えてみてはいかがでしょうか。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone