ネイルサロンを自宅で開業するまでの流れとメリット・注意点を紹介

ネイルサロンを自宅で開業するまでの流れとメリット・注意点を紹介

 

ネイリストとして働いている方やネイルを趣味としている方なら、ネイルサロンの独立開業を考えた経験があるのではないでしょうか。テナントを借りての開業も可能ですが、個人や数人のスタッフのみでネイルサロンを開く場合は、「自宅開業」という選択も可能です。

 

今回の記事では、自宅開業する際に必要な届け出やネイルサロンを自宅で開業するメリット、注意点などについてご紹介していきます。

 

自宅開業に必要な基礎知識

自宅で開業を行う場合、新たに店舗を構えるケースとは異なる点が出てきます。
まずは、自宅開業における基礎知識について見ていきましょう。

 

自宅開業でも届け出が必要?

自宅で個人開業する場合でも、経営者は「個人事業主」です。
そのため、店舗を構える場合と同様に

「開業届」や「青色申告」「白色申告」などの届け出が必要になります。

 

開業届は「事業を開始したことを税務署に申告する届け出」で、原則としては開業後一ヶ月以内に提出することになっています。ですが提出しなくても開業は可能で、罰則もありません。青色申告や白色申告は「確定申告」の届け出で、事業所得が38万円を越えた時点で提出が必須になります。

 

開業届の提出は必須ではありませんが開業届を提出していないと

青色申告が提出できないため、なるべく提出しておきましょう。

 

参考:『所得税及び復興特別所得税の確定申告の手引き』

 

テナント代・店舗の家賃は不要

自宅で開業する場合、テナント代は不要です。

発生するのは自宅そのものの家賃やローン、必要に応じて発生するリフォーム費用のみ。

 

経営者は「個人事業主」なので、会社を立ち上げる際のような資本金の準備も必要ありません。スタッフを雇用せず個人で経営する場合は、人件費もカットされるため、経費は機材や道具代、広告費などに限定されます。自宅開業では宣伝を行わないと集客が見込めないため、宣伝・広告費として30万円程度用意するといいでしょう。

 

ネイルサロンを自宅で開業するメリットとは?

自宅サロンを開業した場合、経営においてどのようなメリットがあるのでしょうか?
代表的なメリットを3つご紹介していきます。

 

開業・経営のコストが抑えられる

店舗を借りる場合は毎月のテナント料がかかりますが、

自宅での開業ならゼロになります。自宅が賃貸の場合でも、

自宅と店舗の家賃がかかるよりはるかに運営しやすくなるでしょう。

 

また、確定申告時に「青色申告」を提出していれば、

自宅の家賃を一部経費として計上することも可能です。

 

通勤時間がゼロになる

店舗までの通勤時間がかからない点も、自宅開業の大きなメリットです。ネイルの勉強をして技術を磨いたり、家事を済ませたりと時間を有効活用することで、サービスの質向上にもつながります。

 

開業がスムーズになる

店舗を借りて開業する場合、費用や立地条件、建物の坪数など最適な物件を選ぶのにコストと時間がかかります。改装工事やその手続きにも時間がかかり、しっかりとした段取りで準備を進めなければ、準備を開始してすぐにオープンさせるのは難しいでしょう。

 

自宅開業ならそれらの準備が必要最低限で済むため、スムーズな開業が可能です。

 

自宅でサロンを開業するデメリット

ここまで自宅開業のメリットをご紹介しましたが、

自宅での開業にはいくつかのデメリットも存在します。

ここからは、自宅開業のデメリットについて解説します。

 

集客が難しい

多くの場合は住宅街の中で開業することになる自宅サロン。ショッピングモール内や駅周辺など人が集まる場所で開業する場合と比較すると、どうしても集客が難しくなります。自宅の立地によっても集客の難しさに差が出やすいため、集客戦略をよく練り、積極的な宣伝活動を行いましょう。

 

自宅で開業するのが認められないことも

自宅がマンションの場合、商用利用がNGなケースも多くなっています。プライベートサロンの開業は商用利用に含まれるため、マンションの規約をしっかりとチェックしてください。

 

また一軒家で開業した場合も、お客様が頻繁に出入りすることで、家族や近隣の方から反対意見が出る可能性があります。開業前に相談し、周囲の許可や理解を得ておきましょう。

 

まとめ

開業費をおさえ、個人でも開業可能な自宅ネイルサロン。

 

物件を探す時間や費用をカットできるため、条件が揃えば経営経験が無くても比較的開業しやすくなっています。自宅開業ならではのメリットやデメリットを理解し、集客のコツをおさえて、ご自分のサロンを経営してみてはいかがでしょうか。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone