POSレジとは?便利な機能と導入のメリットを紹介

POSレジとは?便利な機能と導入のメリットを紹介

 

店舗を経営している場合や、開業を検討している際によく聞く「POSレジ」や「POSシステム」という言葉。これらについて、「名前を聞いたことはあるけれど使ったことはない」「店舗に導入しているけれど詳しい機能は知らない」と、感じている方も多いのではないでしょうか。

 

今回の記事ではPOSレジの概要や便利な機能、導入事例などについてご紹介します。

 

POSレジとは

POSとは「Point Of Sales」の略。レジとインターネットをつないで売上を記録したり、

顧客データを蓄積したりと便利な機能が満載です。

まずはPOSレジの基本的な情報について解説していきます。

 

従来のレジとの違い

従来の「レジスター」は、レジの機械本体に売上が記録されるのみで、

販売実績を調べるには伝票を一枚一枚確認する必要がありました。

 

一方POSレジは「誰に(年代や性別)」「いつ」「何が(商品名)」「いくつ(数量)」売れたかをリアルタイムで記録します。データはWi-Fiを経由してクラウド上やPC上などに記録し、顧客分析や在庫管理などが可能です。

 

タブレット型のPOSレジも

レジスタータイプだけではなく、タブレット型のPOSレジも販売されています。持ち運んで店内のどこでも会計ができる点や、タブレット端末にアプリを入れるだけという手軽さが特徴。最近では、主に飲食店での導入が増加傾向にあるようです。

 

POSレジのメリット

販売やマーケティング、経営に役立つデータを取得できるPOSレジ。

 

スーパーやコンビニエンスストアなどでは、顧客層別に同時にカゴに入れられる商品の傾向を分析する「バスケット分析」が簡単に行えます。

同時購入が多い商品同士の陳列を工夫することで、売上アップを狙えるでしょう。さらに商品ごとに価格を設定できるため、店員がレジを打ち間違える心配も少なくなります。

最近ではクレジットカードや仮想通貨といった、現金以外での決済に対応しているサービスも増えてきました。今後はより柔軟な支払い方法への対応が可能になると考えられています。

 

POSレジの機能紹介

POSレジには経営や集客をサポートするさまざまな機能が搭載されています。
ここからは、POSレジの具体的な機能を見ていきましょう。

 

売上管理

POSレジの多くが、売上管理システムと連動しています。レジを締めればその日の売り上げが自動で計算されるほか、複数店舗を経営している場合には、店舗全体の売上を一元管理することも可能です。

 

顧客管理

多くのPOSレジが搭載している「顧客管理(CRM)」機能。会計時にお客様の年代・性別・子供の有無などを黙視の上で入力したり、ポイントカードを発行して個人情報を登録したりすることで、顧客属性と購入内容、来店時間を紐付けて管理できます。

 

在庫管理

POSレジは会計した商品を自動で記録するため、仕入れ商品のデータベースと接続することで、効率的な在庫管理が可能です。これにより商品の売上予測が立てやすくなり、商品や食材の発注ロス防止につながります。

 

販売促進

POSレジの中には、

レシートにクーポンを印字する機能が搭載されたものも登場してきました。

 

たとえば粉ミルクを購入した人にはオムツのクーポン、ビールを購入した人には惣菜やおつまみのクーポンを発行するなど、特定商品を購入した人に特定のクーポンを発行し、販売を促進します。

 

各業界で広がるPOSレジの導入

 

飲食店やヘアサロン、百貨店など、さまざまな業界業態・店舗で利用されるPOSレジ。
業態ごとにどのような使い方をされているか、詳しく見てみましょう。

 

飲食店

スタッフ数名で店舗を運営するケースが多いため、売上管理から販売促進戦略、シフト管理までを店主一人でこなすこともある飲食店。日々の業務で忙しく、来客分析がままならないことも多くなっています。

POSレジを導入することで、来店時間別の平均来客数、注文内容の分析が手軽になり、セットメニューや席数の見直しを実施しやすくなるでしょう。

 

ヘアサロン

経営において、新規来店客をリピーターへと育成することが欠かせないヘアサロン。確実に継続客を獲得するためには顧客管理が極めて重要です。

ヘアサロンやエステサロンなどに特化したPOSレジも販売されており、予約システムと連動する機能や、DMの宛名印字機能なども搭載されています。

 

アパレル・小売店

常に在庫が変動するアパレル・小売店では、リアルタイムの在庫管理、ロスの管理が大切。POSレジの導入によって、店頭在庫の確認や店舗間の商品移動、棚卸しもスムーズになると期待できます。

 

耐用年数と減価償却

POSレジの導入にあたって、導入コストや、

購入後どの程度使用できるかが気になる方は多いのではないでしょうか。

ここでは、POSレジの「耐用年数」と「減価償却」について解説します。

 

減価償却とは?

事業で長期的に利用する機械や家屋などの「資産」は、年数が経過するごとに一定額価値が減少したとして、毎年分割して費用計上できます。この考え方が「減価償却」です。

 

POSレジにも「減価償却」が適用でき、規定の年数に分けて経費として計上できます。

 

耐用年数とは?

「耐用年数」とは、固定資産がどの程度の期間使用できるか、法律で定められた年数のことです。
耐用年数として定められた期間中は減価償却が可能で、計算方法は毎年一定額を償却する「定額法」と、一定の割合で償却していく「定率法」です。

 

POSレジの法定耐用年数は5年ですが、「リース」を利用した場合はそれよりも長くなるケースもあります。

 

POSレジの耐用年数についてはこちらの記事でもご紹介しています。
より詳しい情報を知りたい方は、ぜひご参照ください。
→『POSレジの耐用年数は?購入・改修にかかる費用と補助金制度』
※記事の公開後、リンクを設定します。

 

リースの利用が便利

事前準備で出費の多い新規開業時や、複数店舗にPOSレジを導入する際には、費用をおさえてPOSレジを導入したいと考える方も多いのではないでしょうか。

 

そこでおすすめなのが、業者から長期的に機器を借りる「リース」の利用です。リースなら月々数千~数万円で利用でき、初期費用を抑えられます。さらにリース期間中は減価償却が可能なため、法定耐用年数である5年以上に分割して費用計上が可能です。

 

まとめ

新しい機能やサービスが追加され、年々進化しているPOSレジ。
POSレジを導入することで、より戦略的な店舗経営を手軽に実現しやすくなります。

 

導入を検討している経営者の方は、ご自分の店舗にとって必要なPOSレジの機能を見極め、

最適なサービスを探してみてください。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone