整骨院での物販は利益向上に効果的?オススメの商品を紹介

整骨院での物販は利益向上に効果的?オススメの商品を紹介

 

整骨院は、来院した患者様の身体の痛みや不調に対して施術を行う施設。

 

しかし患者様の中には頻繁に整骨院へ通うのが難しい方もおり、

十分な施術が行えないケースも多くなっています

 

そんな時に役立つのが自宅でも使用できる湿布やサプリメントなどの販売(物販)です。

今回の記事では物販の導入による経営メリットや販売できるもの、物販を成功させるポイントなどについて詳しくご紹介していきます。

 

整骨院で物品販売を行うメリット

整骨院内で物販を行うというとイメージが湧かない方もいるかもしれません。
しかし物販によるメリットは多く、整骨院の経営状況によってはかなり収益に差が出る場合もある重要なポイントです。

 

以下から整骨院で物販を行うメリットについて見ていきましょう。

 

頻繁に来院できない患者様へのサポート

整骨院は患者様に通院していただき、何度かに渡って施術を行う方法が一般的です。

しかし仕事や家事が忙しく、店舗まで出向く余裕がない方も多くなっています。
高齢の患者様は自分の足で店舗に出向くのが難しいケースもあり、継続的な通院のハードルは高いといえるでしょう。

 

そんな時にコルセットやシップなどの物販があると、

患者様へのサポート効果が期待できます。

 

施術以外の利益を得られる

物販の導入により整骨院での施術や各サービスの売り上げだけではなく、

物販による売り上げも見込めます。

 

とくに自費診療を扱っていない場合や、自費メニューや施術コースの種類が少ない整骨院の場合、物販の収益は整骨院の経営を支える重要な要素のひとつとなるでしょう。

 

整骨院で販売できるもの

整骨院で店頭販売できる商品には規定があり、何でも販売できるわけではありません。
販売可能なものと不可能なものをまとめていますので、下記よりご確認ください。

 

販売可能なもの

「医薬部外品」や「健康食品」、その他一部の商品は整骨院で販売可能です。

医薬部外品にはシップや軟膏、冷却材などが含まれ、その他の商品にはサポーターやコルセットなどが挙げられます。健康食品の例は特定保健用食品(トクホ)の食品や栄養機能食品、各サプリメントなどです。

 

販売不可能なもの

整骨院で販売ができない商品は「第二類医薬品」や「第三類医薬品」、

「家庭用医療器具」などが挙がります。

 

「治療」ではなく「施術」を行う整骨院において、医薬品や医療器具を扱うことは許可されていません。大まかには「医薬品」や「医療機器」に含まれるものは、整骨院では販売不可能だと覚えておけば問題ありませんが、物販を行う際の商品選びには十分に注意しましょう。

 

物販を成功させるコツ

整骨院での物販にはさまざまなメリットがあり、

取り扱う商品に注意すれば効果的な集客が期待できます。

物販による利益をより向上させるポイントについて見ていきましょう。

 

物販の存在に気づいてもらう工夫をする

患者様は施術を受けるために整骨院を訪れます。
そのためスタッフからの宣伝や物販を目立たせる工夫なしでは、物販が行われていることに気づかれない可能性が高くなります。

 

目立つPOPを作成するのも効果的です。

院内のポスターやレジ横のPOPといった視界に入りやすい場所で宣伝を行うなど、患者様に物販を行っていると意識してもらう工夫をしましょう。

 

施術時・施術後の宣伝をする

一度商品の効果を知ってもらえば、

患者様の商品購入への心理的ハードルは下がるもの。

 

患者様に効果を実感してもらうため、物販の商品を施術に取り入れるという宣伝方法が効果的です。そのほか次回の来院について相談する際、さりげなく自宅でも使える商品をオススメするのも効果的かもしれません。

 

患者様との会話の中で信頼関係を築き商品を購入してもらいやすくしましょう。

 

試供品を配布する

商品購入へのハードルを下げる際には「試供品」の活用もオススメです。

新しく物販を導入する際、「よろしければご自宅で使ってみてください」と無料の試供品を配布すると、その後商品を購入してもらえる可能性が高まります。

 

さらに試供品を渡す相手を常連の方に絞ると、特別感により患者様から整骨院への信頼が高まったり、口コミで商品の良さを広めてくれたりする場合があります。患者様の数や来院状況などを分析し、高い効果が見込めそうな場合には実践してみてもいいかもしれません。

 

まとめ

整骨院で物販を取り入れることにより、

患者様一人一人に対してより効果的な施術が可能になります。

 

経営者自身にとっても利益や顧客からの信頼感上昇などのメリットがあり、整骨院の経営に役立つ要素といえるでしょう。整骨院を経営している方は取り扱う商品に注意しつつ、物販の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone