整骨院の開業に必要な準備と大まかな流れを紹介

整骨院開業に必要な準備とは?やるべきことと大まかな流れを紹介!

 

整骨院で勤務している方の中には、将来的に自分で開業したいと考えている方もいるのではないでしょうか。しかし、開業には施術の基礎知識以外にも、さまざまな準備やスキルが必要になります。

 

今回の記事では、整骨院の開業に向けて行う準備についてご紹介していきます。

 

開業前に必要なこと

整骨院を開業するには、段階を踏んで計画的に準備を進めることが大切です。
まずは、開業準備を進める前に済ませておきたい2つのポイントをご紹介します。

 

免許を取得する

整骨院を開業するために、

「柔道整復師(柔整師)」の国家資格を取得しなければなりません。

この資格がなければ、自分の整骨院を持つことができないからです。

資格の取得には、柔道整復師国家試験に合格する必要があります。

 

経験を積む

保険診療を扱える「施術管理者」として開業するには、一定期間以上の実務経験と研修が必須となりました。平成30年4月~平成34年3月までに「施術管理者」になる届けを出す場合、1年以上の実務経験が必要です。その後は平成34年4月からは2年以上、平成36年4月からは3年以上と、求められる実務経験期間が増えていくため、なるべく早いうちに経験を積み、届出を済ませておきましょう。

 

参考:『柔道整復師の施術に係る療養費の受領委任を取扱う施術管理者の要件について』

 

事業計画と資金計画を立てる

資金調達や物件選び、設備や従業員の確保など、開業準備期間に行うことは沢山あります。それらを着実に進めるには、事業計画や資金計画が必須。

ここからは、事業計画・資金計画の重要性や決め方などについてご紹介します。

 

事業計画を立てる

開業を確実に成功させる鍵は、具体的な「事業計画」です。整骨院のコンセプトや開業する場所・物件のイメージ、施術メニューや料金設定などは、この段階で決めておきましょう。詳細に作り込むことで、開業までのスケジュールを把握しやすくなります。

金融機関の融資を申請する際に事業計画書の提出を求められるので、

準備の早い段階で用意すると手続きがスムーズです。

 

資金計画を立てる

物件と内装、設置する設備や従業員数により金額は変動しますが、一般的な整骨院を開業する場合、1000万円程度の資金が必要になるといわれています。そんな中で大切になるのは、開業にあたっての「資金計画」です。

 

資金計画を作成することで、自己資金や必要資金を算出し、不足額を把握できます。不足額が出る場合は、銀行などの金融機関から融資を受け、資金調達をしましょう。

 

開業時に必要となる資金や資金の調達方法については、

以下の記事で詳しくご紹介しています。

 

興味がある方はこちらも合わせてご参照ください。

 

『整骨院開業のための資金調達方法とは?必要金額と用意の仕方』

 

物件・設備を準備する

事業計画や資金計画が整ったら、整骨院の物件選びや改装、設備を準備します。
ここでは、それぞれのポイントについて考えていきましょう。

 

物件を決める

新規開業する整骨院にとって、物件の立地は集客に大きく関わる重要な要素。自分が得意とするサービスや、提供したいサービスに最適な立地を考え、効率的な集客が見込める場所を探しましょう。

 

例として自費治療をメインとするなら高級住宅街、女性向けのマッサージメニューを取り入れるなら若い女性の多い地域などが挙げられます。

 

改装工事をする

物件を決定したら、改装業者に依頼して内装や外装の工事を行います。
マッサージベッドを設置する場所や施術器具を置く場所、待合室となる場所などを考慮し、施術に適した空間になるように改修をしましょう。事業計画の段階で店舗のコンセプトや内装のイメージを明確にしているおくと、業者との相談や見積もりに時間がかかりませんもスムーズに運ぶでしょう。

 

各設備を準備する

施術に必要な設備には、

 

  • 施術用ベッド(トムソンベッド)
  • 低周波施術器
  • 干渉波治療器
  • パーティション

 

などがあります。
整骨院のメニューやコンセプトに合わせた設備を揃えましょう。

 

設備を用意する際は購入かリースのどちらかを選びます。

開業時の資金を抑えるため、

一般的にはリースするか中古の備品を購入するケースが多いようです。

 

開店直前の準備を整える

開店前の準備には、店舗の宣伝や集客、従業員の募集などが必要です。
ここからは、開業直前に行う準備についてご紹介します。

 

店舗の宣伝と集客

ホームページやチラシ、ダイレクトメール(DM)、SNSなどで店舗を宣伝し、

より多くの人に知ってもらいましょう。

現在では、患者さんがいつでも診療時間やメニューを確認できるよう、

ホームページを作成すると集客に効果的です。

 

また、整骨院で配布する広告には制限があり、

一部の表現を使うと掲載禁止になります。

具体的には「治療」「診療」という言葉や、

「施術を受けると怪我や症状が絶対に治る」という表現は使えません。

自分の店舗で広告を作成するときには、十分に注意してください。

 

参考:『整骨院等の広告の制限』

 

従業員の募集

ある程度大きな規模で整骨院を経営する場合、従業員を複数人雇う必要があります。
早めに必要な人数を把握し、募集をかけましょう。

 

店舗の宣伝と同じように、ホームページでの募集が効果的です。

 

まとめ

整骨院の開業には、一般的に半年から一年かかるといわれています。その間、着実に準備を進めて開業を実現させるには、具体性のある事業計画を立て、早い段階でスケジュールを把握することが大切です。

 

今回の記事を参考に準備期間中に進める作業のイメージを固め、

開業の実現に向けて準備を整えてくださいね。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone