整骨院開業までのスケジュールとは?知っておきたいポイントまとめ

 

スポーツ中の怪我や捻挫、脱臼などで訪れる人が多い整骨院。
柔道経験者が開業するイメージが強い整骨院ですが、

自分で開業したいと考えた場合は、どんな手順で準備を進めていけばいいのでしょうか。

今回の記事では、整骨院を開業するまでのスケジュールについてご紹介していきます。
将来、柔道整復師として自分の整骨院を開業したいと考えている方は、

ぜひ参考にしてみてください。

 

開業までの大まかなスケジュール

まずは、開業までの大まかなスケジュールについてご紹介します。

 

1:準備期間
どのような整骨院を開業し、運営していくのかイメージし、構想を練る期間。

 

2:事業計画をたてる期間
「事業計画書」を作成しながら、開業までの具体的な計画を立てる期間。

 

3:資金・物件・備品の準備期間
開業のための資金調達や、物件探しなどを行う期間。

 

4:開業前準備期間
開業直前、スタッフの確保や教育、宣伝の用意などを行う期間。

 

5:開業
実際に開業をスタートさせる日。

 

1:準備期間

ここからは、先程ご紹介した期間に行うことについて、

準備の段階ごとにご紹介していきます。

 

準備期間に行うこと

 

準備期間中は、開業に必要な資格や知識を取得しながら、

開業までのイメージを膨らませます。

 

ここで大切なのは、早い段階で開業日を決めてしまうこと。

数ヶ月先の開業について漠然と考えているだけでは、

「これから実際に開業する」という実感が湧きにくいものです。

 

開業日というゴールを決めておけば、

そこから逆算して、具体的なイメージが固めやすくなります。

 

開業するための資格は?

 

整骨院を開業する場合、国家資格である柔道整復師の免許が必要です。
さらに、自費治療以外に、健康保険による施術を行いたい場合は、

柔道整復師とは別に“施術管理者”としての資格を得なくてはなりません。

 

2018年3月からは、施術管理者になるために研修と実務経験が必須です。
実務経験を積み、研修も早い段階で済ませておきましょう。

 

2:事業計画をたてる期間

 

開業する整骨院のコンセプトの設定や、資格や届け出などの開業に必要な情報の整理、

そして開業日の決定などを行う期間になります。

 

期間の長さ

 

事業計画を決める際に大切なのは、「開業予定日の決定」や「コンセプトの作成」など。
開業予定日をいつにするかによって、事業計画を練る期間が左右されます。

 

この期間に固めておくこと

 

事業計画時に時間をかけて固めたいのは、整骨院のコンセプト。
1本筋の通ったコンセプトがあれば、

それに沿って内装・外装などの雰囲気などが決めやすくなるほか、

自分の店舗を競合店と差別化する効果も期待でき、

お客様の興味を引きやすくなるでしょう。

 

3:資金・物件・備品の準備期間

 

この期間には、資金調達や物件の準備など、開業に向けて本格的に動き始めます。

 

期間の長さ

 

資金調達や物件決定にかかる期間は、人によって異なるため、

一概にこれくらい、とは言い切れません。ですが、

日本政策金融公庫から融資を受ける際の申請手続きには2週間程度、

実際に借りた資金が振り込まれるまでに1ヶ月程度かかります。

 

また、物件の改装工事には1ヶ月~2ヶ月程度かかるとされています。

手続きにかかる期間をあらかじめ計算に入れ、

なるべく時間のロスを出さないように行動しましょう。

 

この期間に行うこと

 

ご紹介したように、この期間は主に資金調達と物件探し、備品の準備などを行う期間。
物件のリフォームや設備の準備をしていると、費用が予定以上にかかるケースもあります。
ベッドやパーティションなどは、中古で安く販売されているものもあり、

 

内装は元から設備が整った居抜き物件を選べば、

施工費用を抑えられます。

全体の費用感を見て、費用を削れそうなところは、

思い切って削ってもいいかもしれません。

 

4:開業前準備期間

 

ここまでの準備が整うと、開業までのステップも最終段階に入ります。

 

期間の長さ

 

開業前1ヶ月程度の期間は、開業手続きを済ませ、

広告を出したり、従業員の募集を行ったりします。
忙しさが本格化してくる時期ですが、他の開業準備に気を取られていると、

各手続きのことを忘れたり、書類の提出がギリギリになったりしやすいもの。

毎日のスケジュールや締め切りをしっかりと管理し、ミスがないように注意しましょう。

 

各種手続きや宣伝、スタッフの確保と教育を行う

 

開業時は、「施術所開設届」を保健所に提出し、承認を受けます。
必要な書類は「施術所開設届」のほか、

「柔道整復師免許」、「施術所の平面図」、「登記簿謄本」など。

 

その他、開業までに、看板やチラシなどによる広告宣伝や、

スタッフの募集とその教育も行う必要があります。

とくにスタッフの教育には時間と手間がかかるため、

早めに進めるように心掛けてください。

 

まとめ

 

開業までのイメージが固まっていないと、準備段階で予想外の問題が発覚したり、

開業しても経営が上手くいかなかったりする可能性が高まります。

 

早い段階で開業スケジュールを具体的に考えることで、

漠然とした開業プランが、少しずつ形になっていくでしょう。

 

この内容を参考に、開業の実現に向け、初めの一歩を踏み出してみてください。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone