トリミングサロンを自宅で開業するメリット&デメリット

 

最近のペットブームを背景に、ペットの健康や美容にお金をかけるケースが増えてきました。現在、トリマーは動物好きな方たちにとって、人気な職業のひとつかもしれません。そんな中、お金をかけない気軽な開業方法の一つとして、個人宅でトリミングサロンを開業する方が増えています。

 

今回の記事では、トリミングサロンを自宅で開業する際の準備や、

注意点などについてご紹介していきます。

 

トリミングサロンの開業に必要な資格

トリマーとして働くために、必須の資格はありません。
しかし、自分の店舗を開業する際には、「動物取扱業登録」が必要になります。

 

動物取扱業登録の届け出をすませる

動物を扱う業種には「動物取扱業登録」が必須です。
これはトリミングサロンも例外ではありません。

登録する際は、専属の職員の中から「動物取扱責任者」を最低一人指名した上で、管轄の都道府県、または政令市の“動物愛護管理行政担当部局(保健所)”に届けを出します。

登録申請後は施設の検査を経て、“登録証”が交付されます。
登録証と指名した動物取扱責任者の氏名をサロンに掲示すれば、開業が可能です。

 

動物取扱責任者の前提条件

動物取扱責任者の資格を申請する際の前提条件は、

1:トリマーとして半年以上の実務経験を持っていること
2:教育機関(専門学校など)を卒業していること
3:トリマー等関連民間資格をもっていること

上記のいずれかを満たしていることです。

 

一般社団法人「全日本動物専門教育協会」が発行・認定するトリマーの資格を取得していれば、初級・中級・上級・教師のいずれも3項の「トリマー等関連民間資格」として認められます。

 

動物取扱責任者になる際の注意点

動物取扱責任者資格の申請には、「動物取扱責任者研修」の終了書の写しが必要です。この終了書は、各都道府県が実施する、「動物取扱責任者研修」を受講(3時間程度)後に発行されます。さらに受講後も、都道府県が開催する法定研修(動物取扱責任者研修)を1年ごとに受けなくてはなりません。

 

動物取扱責任者になる際は、

これらの注意点をしっかりと把握しておくといいでしょう。

 

自宅開業のメリット

トリミングサロンの開業には、店舗を構える、ペットショップや動物病院内で開業するなど、いくつかの選択肢があります。そんな中で「自宅開業」を選ぶメリットには、どのようなものがあるでしょうか。

 

家賃がかからない

自宅で開業する場合の大きなメリットの一つは、店舗専用の物件の購入費や家賃がかからない点です。自宅開業でも改装や設備導入等の費用はかかりますが、店舗の家賃やテナント料の支払いがないため、少ない資金で開業を考えている方に向いているといえるでしょう。

 

家事と仕事を両立しやすい

自宅開業の二つ目の長所は、仕事と家事の両立がしやすいこと。

 

家から店舗までの移動時間がないため、仕事の合間に家事や育児を行う・自由時間を確保するなど、時間の有効活用が可能です。とくに主婦の方や子育て中の方にとっては、大きなメリットになるのではないでしょうか。

 

自宅開業のデメリット

トリミングサロンの自宅開業には、ご紹介したようにいくつかのメリットがあります。
しかし同時に、自宅開業ならではの問題が発生するのも事実。

 

ここでは、自宅開業のデメリットとその対応策について解説していきます。

 

店舗の場所を選べない

売り上げに大きく影響する要素である立地を選べない点は、自宅開業のデメリットといえるでしょう。

通常、物件を借りる・購入して開業する場合は、下記の要素を基準に立地を考えます。

 

・地域 の人口や世帯数
・周辺地域のトリミングサロンの開設数
・複合施設やペット関連のスポットの有無

 

そのため、自宅周辺の条件を確認し、開業に向いていないと判断した時には、

店舗経営を視野にいれるとよいでしょう。

 

家族や近所の理解を得る必要がある

動物を扱う以上、匂いがつく・毛が落ちるといった点は無視できず、自宅を改装するとなれば、家族がプライバシーを保って過ごせるスペースにも影響します。家族内や近所に動物アレルギーの方がいるとトラブルになる可能性もあるので、事前に相談し、十分な理解を得ておかなければなりません。

 

自宅開業に必要な準備

自宅開業の場合、物件を選ぶ必要がなく、改装も必要最低限に抑えられますが、それ以外の準備は店舗の場合と同様です。ここでは、自宅サロン開業時の準備についてご紹介します。

 

開業資金計画をたてる

自宅開業では物件の費用がかからないとはいえ、開業にかかる費用は決して安くありません。
着実に開業準備を進めるには、「資金計画」が必要です。

 

以下の例を参考に、開業にあたって“いつ”、“どれだけの金額が”、“何のために”必要なのか計算しましょう。

 

・開業に向けた自宅の改装費用
・チラシやショップカード、ホームページ維持費用などの広告費
・シャンプーのような消耗品の費用
・スタッフ雇用関連費用
・開業後しばらくの経営資金

 

これらをざっくりと計算し、“いくら必要なのか”、“どのようにそのお金を調達するのか”、などを書き出し、計画を立てましょう。

 

積極的な広報活動を行う

個人経営のトリミングサロンでは、チェーン店のような規模を活かした知名度・集客は難しいもの。お店の場所を知ってもらうため、最近ではインターネットを通じてのアピールが効果的です。ホームページがあると、お客様が営業日程や取り扱っているメニューを確認しやすくなります。

 

そのほか、定期的に割引クーポンを配布する・ブログを開設して犬やカットについてのコラムを更新するといった工夫も、利用者に親しまれるポイントです。

 

施術のためのリフォームをすませる

自宅開業するトリミングサロンでは、周辺地域の方々が主要なお客様になる場合が多くなっています。周囲の方々に迷惑をかけないよう、防音対策やにおい対策のリフォームは早めに済ませておきましょう。

 

また、床材の種類によっては消毒剤で劣化する場合もあるので、薬剤の影響を受けない強いものに替えるといった対策も求められます。

 

まとめ

物件取得の費用がかからず、家事や子育てとの両立がしやすい自宅トリミングサロン。通常の開業と比べて働き方の自由度が高く、資金調達のハードルも低いため、人によってはかなり開業しやすいといえるでしょう。

 

しかし、改装や準備には時間とお金がかかり、自宅開業ならではの難しさもあります。さまざまな開業方法について情報を集め、自分の状況に最も合ったスタイルを探してみてはいかがでしょうか。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone