美容院の経営者が受け取れる助成金&その条件とは?

美容室の経営を安定させるには、資金の上手なやりくりが重要です。とくに開業直後は経営が安定せず、資金面で苦しくなるケースも多いでしょう。そんな時に経営者の助けとなるのが、国から交付される「助成金」です。

今回の記事では、美容室の開業時に発生する助成金の金額や、取得条件などについてご紹介していきます。

助成金とは?

そもそも「助成金」とは、どのようなお金のことを指すのでしょうか。まずは助成金の概要について解説します。

助成金の概要

「助成金」とは、事業所に対して国から交付される、返済不要のお金のことです。
主に厚生労働省が扱っており、雇用や労働環境の改善など、国が推進している政策に合った経営をすることで受け取れます。条件を満たせば、全ての事業所が交付対象となるため、個人開業の美容室でも受け取ることが可能です。

補助金との違い

国から返済不要で交付されるお金として、助成金と似ているものに「補助金」があります。
助成金は必要条件を満たし、それを証明する書類を提出すれば、ほぼ確実に交付されるお金です。それに対して、補助金は申請時に審査が入り、申請すれば確実に交付されるというわけではありません。
また、助成金は主に厚生労働省から交付されるお金ですが、補助金は経済産業省から交付されるお金です。名前は似ていますが、交付の条件が異なるため、それぞれ別物として把握しておきましょう。
「助成金のほうが交付までのハードルが低い」と覚えておくといいかもしれません。

助成金を受け取る条件

ここまで助成金の基本情報を解説してきました。では、助成金を受け取るためには、どのような条件があるのでしょうか。

雇用保険への加入

助成金を受け取るには、事業所が「雇用保険」に加入している必要があります。なぜなら、助成金は雇用保険から交付されるお金だからです。
原則、全ての事業所は雇用保険への加入が義務づけられていますが、規模の小さな美容院や個人経営の美容院は、加入していないケースもあります。その場合、助成金を受け取ることはできません。

各種審査の条件を満たし、必要書類を提出する

助成金にはさまざまな種類があり、それぞれ交付に必要な条件が異なります。条件を満たしていても、それを証明する書類を提出しなくては認められません。
申請期間が限られている助成金もあるため、必ず申請期間内に書類を準備し、提出しましょう。

その他の条件について、詳しくは、厚生労働省のサイトに情報が公開されています。助成金の詳細が気になる方は、こちらにもよく目を通してみてください。
厚生労働省『事業主の方のための雇用関係助成金』

美容室で受けられる助成金

美容室の経営者も、上記の条件を満たしていれば助成金を受け取れます。
では、美容室の経営者が受け取れる助成金には、どのような種類があるのでしょうか。それぞれご紹介していきます。

「トライアル雇用助成金」

職歴がない、就職が難しいなどの人材を、社員として採用した際に受け取れる助成金です。
社員の雇用には人件費がかかりますが、この「トライアル雇用助成金」があることで、経費をやや削減できます。

キャリアアップ助成金正社員化コース

美容院のパートスタッフや、契約社員を正規雇用した際にもらえる助成金です。
正規雇用をすることで人件費は大きくなりますが、助成金により一部負担されるほか、キャリアアップにより、スタッフの生産性が上がることが期待できます。

まとめ

助成金は、経営者にとって非常に心強い制度です。経営が安定しない新規開業直後は、とくに重宝するでしょう。
助成金を受け取るにはいくつかの条件があるため、日々の経営時から条件を確認し、チャンスを逃さないようにしましょう。