「誰か数字ぜんぶ管理して!」店舗の数値を一元管理するPOSレジのおすすめポイントをご紹介

 どの職種においても、店舗経営には日々の売上管理を始め、顧客管理や売上分析などの数字を正確に把握するために時間を割いてレポートしている方は多いのではないでしょうか。

 単体レジで売上集計、現金や現金以外の売上を集計後、エクセル等で管理している日報や月報の入力。数字計算が合わなければまた時間がかかってしまうこともありますよね。もしかするとその作業は、業務中・業務終了後・又は自宅に持ち帰ってから細かい数字を分析することもあるかもしれません。

 業務中であれば、接客に集中できなかったり、業務が終えた後はぐったり疲れていても集中して作業をしないといけない、自宅に持ち帰ってだと顧客情報流出などの情報漏れの危険や、疲れた身体を休ませられずストレスが溜まる等、どの時間でも売上管理をすることは大変な作業に変わりありません。

 この大変な作業の全てが、パワーナレッジPOS一台で解決出来ると日々の業務が効率化を図れ、数字の集計に手間とストレスが楽になるかもしれません。

 この記事では、売上管理・予約管理・顧客管理はもちろん、WEB予約や人員管理、マーケティング・自動分析を活かしたメルマガ配信、在庫管理や勤務管理などが1台でオールマイティに対応できるPOSレジ 「パワーナレッジPOS」を紹介します。

一目瞭然!知りたい数字は全てPOSレジで集計・管理

 パワーナレッジPOSでは、売上データの収集や売上分析がリアルタイムに行われます。売れた商品の種類や決済方法、在庫の有無などの情報がすぐに確認できるため、顧客ニーズや販売傾向を知ることができ、そのニーズからイベント企画や在庫確保するタイミングなどその後の販売戦略に活かせます。

 また、販売情報がデータとして残るので過去の売れ筋商品から企画を考えたり、人員の確保をしたりとデータ分析することで店舗運営にも役立ちます。

 さらに、商品やお金の管理だけでなく、顧客の性別や年代、来店回数・来店日時・来店時間・天候などの情報も管理できるため、POSレジに入力してある情報を組み合わせると、より詳細な販売情報やニーズを提案できるようになります。

細かく記録していた情報集計作業もラクラクに

 パワーナレッジPOSでは、営業中の予約・来客・販売・売上・人員情報全てがインターネットを通じてクラウド上に保存されます。

 集計後の入力する時間の確保が必要な日報・月報の作成はもちろんのこと、担当者別の売上なども自動で集計できるので集計作業のために割く時間を限りなく0に近づける事が可能です。

 レポート機能を使用すれば、時間別・日別・月別・曜日別に売上情報を絞り込んで閲覧でき、いつどれだけの売上が発生していたのかピンポイントに確認することができます。

 この機能があるだけで、売上の増減による無駄のない人員配置や確保をすることが可能になり、売上の増減の変化に対する原因や要因を検証しやすくなります。

 商品の在庫や仕入れ調整も自動で記録しているデータを元に、天候やイベントやキャンペーン時、この時間帯の時はこのくらい売れているという情報が一目瞭然なので、販売個数の目標や行動予定が立てやすく無駄のない数の発注が可能になります。

複数店舗経営している方にも安心の全店舗売上レポートも可能

 お店のPOSレジで日々の予約・売上管理を行っているだけで全店舗・全担当者の日別・月別の一覧集計表を閲覧することが可能です。
個別・店舗別に売上を閲覧管理する手間も解消され、一目で営業状況や売上、様々な数字をみることができます。

 また、クラウド上で集計された様々な情報は管理画面から操作や閲覧ができるため、オーナー様や店長様など店舗から離れていてもパソコンやタブレットで外出先からも店舗の数字や予約状態等が把握できます。

 さらに、もし万が一店舗のPOSレジが故障しても全てのデータはクラウド上で保存してあるためデータの復旧も可能なため安心です。

売上を管理するに欠かせない顧客情報や集客

 来店者情報を扱うのに、名前や年齢、利用プランや来店頻度、顧客の悩みや販売商品の情報収集や従業員間での情報共有等、様々な努力をされているかと思います。

 これらはもちろん、売上情報を元に、お客様を新規顧客・2回目顧客・リピート顧客に自動分類し、それぞれのリピート率を出し、失脚可能性顧客も一覧で表示することができます。それが「売上分析機能」です。
この機能を使えば、お客様に対してニーズのあった接客や集客をすることができるので、リピート率アップを狙えます。

 全てのお客様を来店状態別に自動でグループ分けができるため、お客様のニーズや来店状況に合わせたDM作成やメール配信ができるためニーズに合った集客が見込めます。

ニーズに合ったお知らせは費用対効果を上げる

 上記のお客様のニーズに合わせたDMやメール配信をするのに強い味方が「レコメンド分析機能」です。レコメンドとはおすすめを意味します。

 そのお客様のニーズや利用状況に合ったクーポンを自動で発行できて、人気商品やサービスを自動でランキングし、それに基づく根拠のあるクーポン発行によりお客様の購入意欲を上げます。

 クーポンを大量に配信しても、費用対効果が低い原因は、そのお客様のニーズに合った配信できていないことが原因の一つと考えられ、この機能を利用するだけでも売上アップが見込めます。

売上分析していると見えてくる再来店率

 初来店のお客様、ご愛顧いただいていた顧客様、最近ご来店されていないかも…という経験は少なからずあるかと思います。

 パワーナレッジPOSには「再来店分析機能」が搭載されていて、3ヶ月~最大12ヶ月間の再来店率と人数、それに失客率を一目で閲覧できます。

 この失客リスト一覧からダイレクトにメール送信もできるためいろんな角度で再来店を促すアプローチをすることもできます。

 定期的にお店の情報やキャンペーン企画を配信するのももちろんですが、「あなたに情報をお伝えします」という内容が伝わりやすいのではないでしょうか。

 煩わしい手間をかけずに、店舗も作業が効率化できるだけでなく、お客様に合ったアプローチもできるパワーナレッジPOS,ご興味があるお方はぜひこちらから資料請求やご相談下さい。