POSレジってそもそも何?一体どれを選んだらいいの?その疑問、お答えします!

ヘアサロンやエステサロン、接骨院やジム、どんなジャンルのお店を経営していても必ず必要になってくるのがレジ。経営者の皆様は今どんなレジをお使いですか?

レジと言っても様々な種類がありますよね。

「種類が多すぎてわからない」
「値段がピンキリすぎてどれが良いのかわからない」
「この機能は本当に必要なの?」
など、レジにまつわる皆様の疑問について、今回はお答えします。

ガチャレジとPOSレジって何が違うの?

まずレジには大きく分けて2種類あります。

・ガチャレジ
昔からあるレジで、お客様への会計表示、会計の計算、その日・その月の累計取引数などの必要最低限の機能のみ搭載しているレジです。

そのほかの機能は付いていないので、在庫管理や顧客情報の管理などは別途Excelで管理が必要になります。手間暇がかなりかかるため業務効率が下がり、金額だけで見るとPOSレジよりも安価な商品が多いですが時間コストは高くなってしまいます。

・POSレジ
POSレジのPOSは「Point Of Sale」を略したもので、お客様と金銭のやりとりをした時点での販売情報を管理するシステムを搭載したレジです。

販売した個数・金額等をリアルタイムでクラウド上に保存し、いつでもどこでも情報をすぐ確認できます。いつ・どんな商品が・いくらで・何個売れたのかまで詳細に記録してくれるので、そのデータを利用して在庫管理やお客様の傾向、数字の推移などを知ることが可能です。

レジには上記した二種類あるのにもかかわらず、最近多くのお店が導入しているレジはPOSレジなんです。なぜだかご存知でしょうか?

それは、クラウド上にリアルタイムで保存される情報を蓄積・分析されることでサービス・商品を見直したり、お店の売り上の向上やお客様のニーズにあった経営をすることが可能なシステムなので、お店の利益を最大限まで引き出すことができるからなんです。

POSレジの種類

上記した通り、お店の利益を最大限引き出すことができるのは断然POSレジ。
そんなPOSレジも、実はいくつか種類があります。

・レガシータイプ
レガシー(遺産)の名の通り、昔からあるガチャレジタイプのレジにPOS機能を付けて進化させた形のPOSレジです。

このPOSレジのメリットは昔から使われている形のレジなのでタッチパネルのレジに慣れない世代の従業員の方が多い職場では好まれます。

ただ、その分本体自体がとても大きいものが多いです。
スーパーなどで導入されていることが多いので見たことある方も多い形だと思いますが、あの大きさのレジを置こうと思うとカフェやサロンを経営されているお店には店内の雰囲気にあっていなかったり、スペースが限られていて物理的に置けないという懸念点がでやすいのが特徴です。

・タブレットタイプ
タブレットタイプのPOSレジは、タブレット端末を使用するのでレガシータイプのPOSレジと比べて大変コンパクトです。
なのでサロンやカフェ、接骨院など業種を問わず、店内の雰囲気を壊したくないお店やスペースが限られているお店にぴったりなPOSレジです。

また、導入コストも他のPOSレジと比べると安価なので、導入しやすいのもポイントの一つ。
タブレット操作に慣れている方にはとても使いやすいPOSレジだと思います。

しかし、導入自体は安いもののタブレットの他にキャッシュドロワーやレシートの発行機など別途いくつか機材が必要になったり、欲しい機能を追加するごとにランニングコストが増えしまい、結果的に高価になってしまいがちです。

・PCタイプ
PCタイプのレジは、POSシステムをPCにインストールして使うタイプのPOSレジです。
PCにダウンロードして使用するので、レジとして使用する時以外は通常のPCとしても利用できるのが特徴です。

しかしその反面、 PCのみでのレジとしての機能は弱く 、 キャッシュドロワーやレシートの発行機など別途いくつか機材が必要になってくるので、 追加で購入する必要があります。

POSを入れるメリット

値段だけで見ると商品金額の計算や釣り銭計算のみ行えるガチャレジと比べ、「POSレジは高いからハードルが高いな…」と感じるかもしれません。
しかし、ガチャレジとは比べ物にならないほどお店を経営するに当たって必要な機能、利益を最大限に引き出す機能がPOSレジには揃っています。

例えば

・予約管理
予約状況はPOSレジ上で確認・予約の変更・顧客様情報との紐付けも可能なので、一目で予約状況が確認できます。

・顧客管理
顧客様の好みや苦手なことを記録したり、いつ・どんなコースを受けて・どんな商品を購入してくれたのかなどお客様情報をPOSレジ上で管理することが可能です。

・在庫管理
商品情報を登録することができるため、売上の傾向在庫数の管理ができます。この情報をもとにどの商品が売れていて、どの商品が売れていないのか瞬時に見分けることができるため、無駄のない発注が可能です。
また、お店に欠かせない作業の一つである棚卸し作業も、この機能を使えばとても簡単に行えます。

・マーケティング機能
売上情報を元に、お客様を新規顧客・2回目顧客・リピート顧客などに自動で分類することにより、各お客様のリピート率や失脚可能性顧客を探ることができるため、よりきめ細やかに各お客様のニーズに応えることができます。また顧客情報を活用し、再来店率と人数と失客率を一目で確認することが可能です。

・メルマガ配信機能
便利な一斉送信はもちろんのこと、POSレジ内に蓄積されたお客様のデータを元に、一人一人にあったメールを最適なタイミングで配信することが可能です。

お客様がいつ・何を・どのように・購入し・利用していただいたのかを、営業分析機能や顧客リストを利用して分類化することができるので、お客様のニーズに合わせたメールを効率よく配信することができます。

各々のお客様ニーズを的確に察知したり、在庫数の調整を行ったり、予約がブッキングすることないように管理したりと、お店を経営する上で必要な業務って本当に数多くあると思います。
これら全て別の媒体で行おうと思うとかなりコストもかかりますし、何より時間がかかりますよね。

各媒体のデータの共有も手動で行わなければいけないのでミスも起きやすいです。

一つあればこれら全てに対応できるのがPOSレジ。
限られている時間を効率よく使うことで結果的に利益にも繋がるので、多くのお店が導入しています。

「POSレジがいいのは分かったけど結局どれが一番いいの!?」

上記の通り、3タイプに大きく分けられるPOSレジのなかで最近主流なのは、やはりタブレットタイプのレジ。

しかしデメリットに挙げたように PCタイプのレジやタブレットのみだとレジとしての機能が弱いため使い勝手が悪く、別途機材を購入する形になります。

またサロンや飲食店などでは水で手が濡れている場面が多いですよね。
そういう場面で使おうとすると故障の原因にもなるので耐久性の面でも不安が残ります。

「POSレジがいいのは分かったけど結局どれが一番いいの!?」

そんな方にぴったりなのが各タイプのメリット良いとこ取り!のレガシータイプPOSレジ「パワーナレッジPOS-SG Lite」

レガシータイプでありながら、メインディスプレイが10.4インチのタッチパネルなので、見やすいうえにスマートフォンと同じように簡単・感覚的に使用することができます。もちろん防水対応なので濡れた手でもタッチパネルの操作が可能です。

さらに一般的なPOSレジと比べて88%も電力をカットなのでとても経済的。

また、大きさもCASIO計算機の筐体を使用しており、業界の中でも最小クラスにコンパクトでスタイリッシュなデザインなので、お店の雰囲気を壊すことなく設置できます。

何より、タブレットタイプPOSレジだと別途必要になってくるキャッシュドロワーやレシート発行機もパワーナレッジPOS-SG Liteも標準装備なんです!

また機能の面においても、他のPOSレジではオプション機能でつけられるような高度な機能まで標準装備されているのがパワーナレッジPOS-SG Lite特徴の一つ。

なので、パワーナレッジは機能対価格で業界No1を維持し続けています。

まとめ

ガチャレジだと顧客情報や在庫管理を別途Excelや紙で管理しないといけないため、時間コストがかかりとても効率が悪いです。

また管理したい情報分だけ業務の数が増えてしまうので、複雑化してしまい、ミスが起きる可能性が高くなります。

こういったガチャレジのデメリットを解消するだけではなく、マーケティング機能によりお客様のニーズに答えることができ、お店の利益を最大限引き出しつつも業務量を減らす、お客様・経営者様・従業員様の三方良しのレジがPOSレジです。