リラクゼーションサロンの集客を成功させる方法とは?

パソコンやスマートフォンが普及し、ストレス緩和の効果が見込めるリラクゼーションサロンやエステサロンの需要は高まっているといえるでしょう。
しかしその一方で、リラクゼーションサロンの開業後、集客がうまくいかず、売上が伸び悩む店舗が多いのも現状です。

今回の記事では、リラクゼーションサロンの開業時に、集客を成功させる方法についてご紹介していきます。

「継続顧客の獲得」と「上手な宣伝」がカギ

リラクゼーションサロンの集客を成功させるには、「継続顧客の獲得」と「上手な宣伝」が重要です。まずは、リラクゼーションサロンにおける継続顧客の獲得と、宣伝活動の重要性について見ていきましょう。

継続顧客の重要性

リラクゼーションサロンに訪れるお客様は、飲食店やアパレル店のように、複数の店舗を訪れるよりも、一つの店舗に絞り、毎回同じ人に施術を受ける傾向にあります。
そのため、集客をする場合には、店舗を気に入り、何度も訪れる「継続顧客」を獲得することが大切です。

宣伝活動の効果

継続顧客の獲得は、既にある程度集客が見込めている場合に効果的な手段です。しかし、現時点で顧客数が少なすぎる場合には、新規顧客の獲得にも力を入れる必要があります。
新規顧客を集めるには、店舗を認知してもらうための「宣伝」が重要です。
大手企業のフランチャイズ店舗で開業した場合は、本部が販促活動を行ってくれることもありますが、個人経営や自宅開業の場合、経営者自らが積極的に販促活動を行う必要があります。

継続顧客を獲得するには?

ここまで、「継続顧客の獲得」と「宣伝」の重要性についてご紹介してきました。では、継続顧客を獲得するには、具体的にどのような対策を行っていけばよいのでしょうか。

競合に負けない要素を作る

継続顧客を獲得するには、競合店に負けない個性的なメニューや専門性の高いサービスを展開することが大切です。
複雑なサービスを展開するのではなく、「このお店にしかない」という特長を見出すことができれば、再来店意欲を高める効果が期待できるでしょう。
そのためには、競合店のリサーチを徹底することも大切といえます。

「また来たい」と思わせる工夫をこらす

再来店意欲を高めるには、顧客データの管理が必要です。ショップカード(会員カード)を作成しておき、POSレジと連動させておけば、年齢別・性別・時間帯別など詳細なデータが集まります。
このデータに基づき、お客様それぞれに合ったサービスを提供することで、再来店意欲を高められると期待できます。

宣伝活動のポイント

先ほどご紹介したとおり、新規顧客の獲得において、宣伝活動は非常に重要です。
ここでは効果的な宣伝活動の方法について、具体的にご紹介していきます。

幅広いシーンで宣伝を行う

サロンの認知度を向上させるには、幅広く広告を出していくことが大切です。
以前は宣伝といえば広告の配布が一般的でしたが、現在はスマートフォンが普及し、ネット上での宣伝が主流になってきました。
サロン検索サイトやホームページなどを活用し、幅広いシーンでの宣伝を行うとよいでしょう。

宣伝のタイミングを見極める

実際に店舗に来店したお客様には、新しいメニューや商品、サービスをしっかりとアピールしましょう。
そうすることで、「次もまた来たい」という再来店意欲が向上します。ですが、単純に宣伝しただけでは、あまり集客効果は見込めません。リラックスしている施術中にさりげなくアピールするというように、タイミングを見て宣伝を行っていきましょう。

まとめ

競合店が多くなっている今、リラクゼーションサロンで集客を成功させるのは、簡単なことではありません。集客のためには、独自のサービスやメニューを提供したり、お客様の傾向を分析したりといった工夫を凝らし、継続顧客を獲得することが大切です。
また、店舗を気に入ってくれたお客様にアンケートを取ることで、客観的に見た店舗の魅力を教えてもらえる場合もあります。
既存顧客を大切にする気持ちを忘れずに、新規顧客の獲得も積極的に進めていけるといいですね。