リラクゼーションの種類とは?サロンメニューを考えるポイント紹介

近年、増加傾向にあるリラクゼーションサロン。
これからリラクゼーションサロンを新規開業するとなると、既存のリラクゼーションサロンが競合店となります。
すでに多数の店舗が開業しているリラクゼーション業界で生き残っていくには、競合店との差別化が必要です。

今回の記事では、リラクゼーションの種類をおさらいしながら、ライバル店と差別化するメニューや人気の手技についてご紹介していきます。

リラクゼーションとは?

そもそも、リラクゼーションとはどんな施術を指すのでしょうか。
まずはリラクゼーションの概要を簡単にご紹介します。

リラクゼーションとは

リラクゼーションとは、肩凝りや腰痛といった身体の不調にマッサージなどでアプローチしてお客様の健康を増進していくことです。
リラクゼーションは医療行為ではないため、お客様に「治療」ではなく「癒し」を提供します。そのため、リラクゼーションサロンを訪れるお客様は「患者様」とは呼ばず、セラピストによる施術を「治療」と表現することはできません。

施術の種類が豊富

マッサージの種類は、大きく分けると「ドライマッサージ」と「オイルマッサージ」の2つに分かれます。
ドライマッサージとは、お客様の衣服の上から行うマッサージのことです。日本でもっとも多く行われているのも、このドライマッサージです。
それに対してオイルマッサージとは、基本的に衣服を脱いでいただいてからオイルを使って行うマッサージを指し、欧米で主流となっています。

その他にも、「タイ式マッサージ」や「バリ式マッサージ」など、国によりマッサージの種類や技術が異なります。現在では、海外のマッサージが日本のサロンにも取り入れられ、さまざまな施術が行われるようになってきました。

リラクゼーションの種類

先ほどご紹介したように、リラクゼーションの技法はさまざまです。
ここでは、代表的なリラクゼーションの種類についてご紹介します。それぞれのポイントを押さえ、サロンメニューの導入を考えましょう。

指圧・あん摩

日本で昔から行なわれているリラクゼーションは「指圧」と「あん摩」です。
指圧は筋肉やツボを押すマッサージ、按摩は筋肉やツボを揉んだり摩ったりするマッサージです。
指圧やあん摩による施術を行う場合は、「あん摩マッサージ指圧師」の国家資格を取得する必要があり、大学や専門学校に通うことで取得が可能です。

アロママッサージ

女性に人気の「アロママッサージ」では、アロマオイルを使い、筋肉やリンパにアプローチしてマッサージをします。アロマオイルの種類によって異なる効果が期待できます。
さらに香りによる癒しの効果もあるのが、このアロママッサージの特徴といえるでしょう。
基本的に裸の状態でマッサージを行うため、痩身メニューや小顔などの美容メニューも同時に提供するケースが多くなっています。

タイ式マッサージ

タイ式マッサージでは、施術の中にストレッチを多用して凝りや疲れをほぐしていきます。マッサージとストレッチの比率が5対5となっているのが、タイ式マッサージの特徴です。
施術者は肘や膝や足の裏なども使ってマッサージするので、非力な女性でも強めの施術が可能です。本場タイでは1日がかりで行われることもあり、日本のサロンでも基本コースが120分と長いケースが多く、サロンに導入することで単価アップが期待できます。

カイロプラクティック

「カイロプラクティック」はここまでにご紹介したマッサージとは異なり、骨格にアプローチしていく技術です。主に骨や関節の歪みを矯正し、健康を増進します。骨や関節からアプローチするため、姿勢改善といったメニューが導入しやすくなっています。
施術中に「ボキッ」という音が鳴るため、「怖い」「痛い」というイメージをもつお客様も多くなっていますが、関節の間の気泡が弾ける音なので、危険はありません。
カイロプラクティックの施術者は、アメリカでは「カイロドクター」と呼ばれ、社会的地位も高い職業です。

足つぼマッサージ

足つぼマッサージは、足裏にある反射区を刺激して健康を増進します。足裏には全身の反射区が集まっているため、簡単な健康チェックも可能です。

施術方法は「中国・台湾式」と「英国式」で異なり、「中国・台湾式」は痛気持ち良さを売りにしていて、「英国式」は心地よさ、気持ち良さが売りです。
足裏を刺激するので、冷えやむくみの改善をセットにして「美脚メニュー」とする施術者の方が多くなっています。

提供するサービスの考え方

さまざまな種類のマッサージについてご紹介してきましたが、それらの中から自分の店舗に適切なメニューやサービスを考えるには、どうすればよいのでしょうか。
ここでは開業時のメニュー選びや、サービスの考え方について見ていきましょう。

サロンのコンセプトにあったメニューを選ぶ

リラクゼーションサロンを開業する際は、サロンの「コンセプト」を決める必要があります。
はじめに「ドライマッサージ」「オイルマッサージ」「タイ式マッサージ」など、サロンの看板メニューを決めましょう。そこに「癒し・気持ち良さ」、「美容効果の高さ」など、売りにしたい施術の特徴を組み合わせると、以下のようにコンセプトが決まります。

  • 強もみOKのドライマッサージ
  • 美容効果抜群のオイルマッサージ
  • 可動域が広がるタイ式マッサージ

コンセプトが決定すれば、内装や雰囲気もそれに合わせて作り込めます。

独自メニューにこだわる

サロンのメニューを考える際に重要なのは、「周囲の競合店との関係」です。
似たようなメニューやコンセプトのサロンが2店舗ある場合、お客様は「安いほう」を選びます。そのまま低価格競争に発展するケースもあるため、競合店と似たメニュー選びは避けるのが無難です。

このような問題を減らすには、競合店で扱っていない独自のメニューを導入するのが効果的です。近隣に「もみほぐし」を売りにするサロンがあるなら、「もみほぐし・足ツボ」、「もみほぐし・ストレッチ」を売り出すといった工夫をするとよいでしょう。

まとめ

パソコンやスマートフォンなどを使う人が増加し、リラクゼーションサロンの需要は高まっています。しかし同時に、競合店も増加していくと予想されます。
そのため「5年間続けるのが難しい」といわれるリラクゼーションサロンですが、業界の動向を見据えたメニューを検討・導入することで、長期的な経営の安定が見込めるでしょう。